涼しい祝日の深夜は椅子に座る

例えば、地球に初めて来たエイリアンに「フライドチキン」を説明するとしたら、どうする?「船乗り」の成り立ちとか、ううん、まずは世界や日本の説明からするかもしれないね。
ホームボタン

汗をたらして泳ぐ君と冷めた夕飯

ネットでニュースを見るけど、紙の媒体を読むことも前は好きだった。
今は、0円で見れるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で大量の情報を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的な情報からつながりのある深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国の債務不履行になってしまうかもという話題がとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

具合悪そうに叫ぶ友人と気の抜けたコーラ
会社で必要なモウソウダケを必ずもらいうけるようになって、感謝しているのだけれど、うじゃうじゃと生えた竹が厄介で積極的に運び出してほしがっている知人は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を取って帰らせようとするので仕事が増える。
必要以上に運んで戻っても捨てることになるのだが、モウソウダケがムダでしょうがないらしく、持って帰ってくれとしきりにせがまれる。
自分も必要なものをタダでもらっているので、断りづらい。

息もつかさず叫ぶあいつと霧

海がめっちゃ近くで、サーフィンの場所としてもものすごく知られている場所の近くに住んでいる。
そうなので、サーフィンをしている人は非常に多く、出勤の前に朝ちょこっとでも波乗りに行くという人もいます。
そのように、サーフィンをしに行く人が多いので、誘われることがすごく多かったのですが、いつも断っていました。
なぜかというと、自分が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからだ。
だけれども、泳げなくてもできると言われ、波乗りしてみたけれど行ってみたところは熟練者が乗る海で、テトラポッドが左右に置かれていて、波乗りのスペースがごく狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

気分良く体操する君と暑い日差し
少年はたいそうお腹が減っていた。
もう少しで夏休みという頃、小学校から元気よく帰っていた。
セミはやかましく鳴いている。
陽の光は強く、夕方なのにまだまだお日様は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はものすごく空腹のため、早く帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にかなり残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、余りが冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、早足で家へと向かった。
すると、汗がますます出てきた。

どんよりした祝日の昼はお酒を

この前まで少しも知らなかったが、水について大丈夫なオムツというものがあるみたいだ。
都市部では、水用オムツを着けて入れる所と入れない所があって違うらしい。
疑い無く、プールに入っている人から見れば、水遊び用でもおしっこなどふくまっているオムツで水に入られたら、いやだろう。
だけれども、しかし、親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
それでも、逆の立場だったらめっちゃいやだ。

ノリノリでダンスする先生と枯れた森
何でも一つの趣味を、長期でコツコツ続けているような人に憧れを抱く。
スキューバでも、書道だったり、どれだけ小さなことでも。
ワンシーズンに一回、学生時代からのメンバーで、あのホテルに滞在する!というような事も良いと思う。
習慣的に一個の事を続ければ、いつかは実用まで到達することができる。
あれは、3歳の時、ピアノとリトグラフの2つを教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
そう考えるのは、空き部屋ののはしっこににお父さんに貰ったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度弾けるようになりたいとという意思がある。

蒸し暑い木曜の夕暮れは昔を思い出す

此の程、番組で、マックのチキンナゲットの味を味わえるレシピというふうに紹介していました。
非常に似ていそうだと考えて、妻に調理してもらったが、マックチキンの味では決してないけれどうまかったです。
なんか衣がほんの少し固かったけれど、中は、同じチキンだから、自分くらいの味覚では、少しの異なるところはわからなくてとてもおいしかったです。

ぽかぽかした休日の夜に料理を
明日香は、専門学校に入ってすぐ心を開いた仲間だ。
明日香ちゃんの良い部分は、たいていの事は見逃すし、細かい事は気にしないところ。
私から仲良くなろうと話かけたそうだが、記憶にない。
一緒に出掛けると、問題は単純化されるので、とても安心する。
引き締まっていて華奢なのに、深夜にファミレスでステーキを注文しに行ったりするという。

天気の良い土曜の深夜にビールを

離れた故郷で暮らす母もたまらなくかわいいらしい孫のためとして、とても一杯手作りのものを仕立てて送ってくれている。
アンパンマンがめちゃめちゃ好きだと話したら、伝えたキャラクターの生地で、作ってくれたが、縫物用の布の価格が非常に高価できっきょうしていた。
生地は横、縦、キャラクターものだと上、下も向きが存在していて大変らしい。
だが、色々、ミシンで縫って作ってくれて、届けてくれた。
孫はものすごくかわいいのだろう。

風の無い水曜の日没に微笑んで
暑い季節はビールが大変うまいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
30前は、どれだけでも飲めたのに、年をとって翌日に残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くことが大変楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌というほど行って、私の中では、今では、いいイメージがない。
けれども、取引先との付き合いの関係でとても久しぶりにビアガーデンに行った。
たいそう久々にうまかったけれど、調子にのってものすごくアルコールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

Copyright (C) 2015 アイスコーヒーは少年の舌に馴染まない All Rights Reserved.