小樽市 多重債務 弁護士 司法書士

小樽市在住の方が借金や債務の相談するならどこがいい?

多重債務の悩み

借金の悩み、多重債務の問題。
借金・お金の悩みは、自分一人だけでは解決が難しい、深刻な問題です。
ですが、弁護士・司法書士などに相談するのも、ちょっと不安になったりする、という人も多いでしょう。
当サイトでは小樽市で債務・借金のことを相談するのに、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを使って相談することが出来るので、初めての相談という方も安心です。
また、小樽市の法務事務所や法律事務所も載せているので、それらも参考にどうぞ。

多重債務や借金の相談を小樽市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小樽市の多重債務・借金返済解決の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いでもOK。
相談料はもちろん無料!
借金督促のSTOPも可能です。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、債務や借金に関して無料相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払い・債務の問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することができます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方でも安心です。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので小樽市の方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の小樽市周辺の法務事務所・法律事務所の紹介

小樽市には他にもいくつかの法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●司法書士松本久事務所
北海道小樽市富岡1丁目5-20
0134-32-4611

●柴田誠一法律事務所
北海道小樽市 2丁目3-5
0134-23-4632
http://ch-re.jp

●西尾弘美法律事務所
北海道小樽市花園2丁目6-7 プラムビル 2F
0134-26-6351

●札幌弁護士会おたる法律相談センター
北海道小樽市稲穂2丁目18-1 高雄ビル 5F
0134-23-8373
http://satsuben.or.jp

●北潟谷法律事務所
北海道小樽市花園4丁目8-11
0134-23-8989

●佐藤甚兵衛司法書士事務所
北海道小樽市富岡1丁目13-13
0134-23-8288

●鹿角健太法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目22-1 小樽経済センタービル 5F
0134-24-8755
http://kazuno-law.jp

●菰田尚正法律事務所
北海道小樽市稲穂1丁目3-9 カサイビル 4F
0134-24-6511

●司法書士池田賢事務所
北海道小樽市花園2丁目4-6 安心堂ビル 2F
0134-21-7371

●柴野昭一司法書士事務所
北海道小樽市花園2丁目8-12
0134-25-2567

●磯部克彦司法書士事務所
北海道小樽市花園3丁目9-14 新川ビル 3F
0134-25-0077

●龍山法律事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル4階
0134-64-5187
http://sites.google.com

●関口正雄法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目11-13 協和稲穂ビル 4F
0134-24-4731

●澤田忠宏税理士事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル2階204号
0134-32-0052
http://sawadakaikei.tkcnf.com

●札幌弁護士会小樽支部
北海道小樽市花園5丁目1-1
0134-23-0667

小樽市にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

小樽市で借金返済や多重債務に悩んでいる方

キャッシング業者やクレジットカードの分割払いなどは、尋常ではなく高額な利子がつきます。
15%〜20%もの金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年間)くらい、マイカーローンの金利も1.2%〜5%(年間)ぐらいですから、すごい差です。
そのうえ、「出資法」をもとに利子を設定している金融業者だと、金利がなんと0.29などの高い利子を取っている場合もあるのです。
高利な金利を払い、そして借金は増えていくばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて金利も高利となると、返済は辛いものでしょう。
どう返済すべきか、もはや思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかないでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

小樽市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|多重債務

債務整理にも多種多様な方法があって、任意で信販会社と話合いをする任意整理と、裁判所を介した法的整理の個人再生、自己破産という種類があります。
じゃあ、これらの手続きにつきどういう債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これ等3つの手口に共通している債務整理の不利な点と言えば、信用情報にそれ等の手続を行った事が記載されてしまうということですね。俗にいうブラック・リストと呼ばれる状況に陥るのです。
としたら、概ね5年から7年の期間は、クレジットカードが創れなくなったりまたは借入ができなくなるのです。しかしながら、あなたは支払に日々苦しんだ末にこの手続を進めるわけだから、暫くは借り入れしない方がよいのではないでしょうか。
ローンカード依存に陥っている人は、逆に言えば借り入れができない状態なる事で出来ない状態になる事により助かるのじゃないかと思います。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこの手続きを行った事が記載されてしまうという事が挙げられます。けれども、あなたは官報など視たことが有るでしょうか。逆に、「官報ってなに?」という人の方が殆どじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作成する新聞みたいなものですけれど、闇金業者などのわずかな人しか見てないのです。だから、「自己破産の事実が知り合いに広まった」等という事はまず絶対にありません。
終わりに、破産独特の債務整理デメリットですが、1遍破産すると7年という長い間、2度と破産できません。そこは十分留意して、二度と破産しなくても済むように心がけましょう。

小樽市|借金の督促を無視した場合はどうなる?/多重債務

貴方がもし仮にローン会社などの金融業者から借金して、支払の期日に間に合わなかったとしましょう。そのとき、まず間違いなく近々に業者から借金払いの要求コールがあるだろうと思います。
督促の連絡を無視することは今では楽勝です。消費者金融などの金融業者のナンバーだと事前にキャッチできれば出なければよいでしょう。また、その要求のコールをリストに入れ拒否するという事も可能です。
とはいえ、その様な手法で短期的にホッとしても、其のうち「支払わなければ裁判をしますよ」等というように催促状が届いたり、又は裁判所から支払督促又は訴状が届いたりするでしょう。そんな事になったら大変です。
従って、借り入れの支払期日に間に合わないらスルーせず、きっちり対処する事です。金融業者も人の子です。ちょっとの間遅延してでも借り入れを返す客には強気なやり方を取ることは多分ないと思います。
それじゃ、返したくても返せない場合はどのようにしたらいいのでしょうか。予想のとおり再々掛かって来る催促のメールや電話をスルーするしかほかに無いのだろうか。其のようなことは決してありません。
先ず、借り入れが払えなくなったら直ぐにでも弁護士の先生に相談・依頼することが大事です。弁護士さんが介在した時点で、貸金業者は法律上弁護士さんを介さないでじかに貴方に連絡をとる事が不可能になってしまうのです。消費者金融などの金融業者からの支払いの要求の連絡がストップするだけでも精神的にたぶんゆとりがでてくると思われます。そして、詳細な債務整理の方法等は、その弁護士と話合いをして決めましょう。